MENU

モビットにはおまとめローンはあるの?

三井住友銀行グループの一つである消費者金融のモビットは、この安心感や便利さから利用者がとても多いです。しかし、モビットにはおまとめローンというサービスはありませんおまとめローンとは、利用者が様々な消費者金融などからバラバラの金利で借り入れている借金を、どこか一つの金融機関で金利もまとめ返済を楽にしようというローンの事です。しかし、モビットは最高限度額が800万円と高額である事や下限金利が3.0%と低金利な事で知られています。それでモビットをおまとめローンとして利用することを考えている人が多いようですが、実際にそのようなことができるのでしょうか?今回はモビットでおまとめできるかどうかを見ていきましょう。
先ほどモビットの最高限度額が800万円という事について触れましたが、まず忘れてはならないのがモビットは消費者金融機関であるという事です。つまり総量規制の対象になるわけです。この総量規制とは、利用者が貸金業者から借りることのできる総額に制限が課せられている規制の事です。借入残高が年収の3分の1を超える借り入れをすることができません。ですから最高限度額800万円を借り入れられる人と言うのは少なくとも年収が2400万円以上の人である必要があります。日本で年収が2000万円を超えている人はほんの数%と極めて一握りの人達です。そして、いくら年収が2400万円ある人がモビットに申し込んだとしても、最初に設定される限度額はそのような高額(限度額800万)にはなりません。最初はもっと低い金額設定で始まり、返済の実績が積み重ねられて限度額が増額していき、最終的に限度額800万円になることができるのです。残念ながらそのような人はほとんどいないでしょう。仮にもっと低い限度額で良いとしても、利用者がまとめたいと思い始める金額は恐らく100万円〜200万円位からでしょう。これでも年収が600万円程が求められますし、限度額も200万円必要です。そしてすでにある借金総額と、モビットの限度額(これから利用しようとしている額)の合計が総量規制にかかってしまうと借り入れることができません。仮に審査を通過して借り入れできたとしても、通常のおまとめローンとは違い代理返済などもしてもらう事が出来ず、他社借入分を全て自分で返済に行かなければなりません。高額になると返済もすることも大変になるので、代理返済できないととても面倒になります。

モビットにもおまとめローンはあるの?

三井住友銀行グループの一つである消費者金融のモビット。モビットは便利で安心なイメージがあるため、利用者がとても多いです。そこで、これまでに既に別の消費者金融を利用していてモビットも利用し始めた方で、最近よく聞く「おまとめローン」を利用したいと思うかもしれません。ではこのおまとめローンとは何でしょうか?複数の貸金業者からの借金を、借り換えによって一本化する方法です。例えばアコムとプロミスとモビットの3社から借入しているものをモビットに一つにまとめてしまうという事です。これらの会社でバラバラの金額を借り入れしていたり、金利も違ったり、支払日も違ったりするとそれら一つ一つに対応していくのは大変です。これをまとめてしまうというサービスを各銀行や消費者金融は提供しているのですが、モビットではおまとめローンというサービスを提供してはいません。しかし、モビットの公式ホームページを見てみると、利用限度額が1万円〜800万円と記載されており利用できる金額が高いことが分かります。さらにモビットの金利も3.0%〜18.0%で上限金利は他社とそれほど変わりませんが、下限金利は3.0%でかなり低めの数字と言えます。ですから審査に通れば普通に申し込んで借り入れすることにより、そのお金で他社借入を返済してしまい、残ったモビットの借金を返済していけばおまとめローンと同じような事をすることができます。まとめることによりある程度の借入金額になり、そうなれば金利も低めになることを期待できます。そのためにはモビットの審査を通過する必要があります。審査さえ通過すればモビットで債務をまとめることはできます。


しかし、これらの方法には通常のおまとめローンと違いデメリットがいくつかあります。まず、モビットは代理返済をしてくれないという点です。通常のおまとめローンのサービスをしている所では、利用者に代わって他社への返済を代理で行ってくれる場合がありますが、モビットではそのようなサービスはありませんので自分で完済しに行く必要があります。また別のポイントとしては、限度額の問題もあります。モビットを利用し始めてすぐに高額の限度額が設定されることはありません(もちろんモビット以外も同様です)。それで申込者の他社借入総額をカバーしきれないことがあり、そうなるとまとめることができないという状態になってしまいます。さらに通常のおまとめローンは総量規制の対象外になるのですが、モビットを利用する場合、総量規制の対象になるので年収の3分の1を超える借り入れをすることができません。そのためモビットでは高額の借入金額をまとめるには向いていないという事を覚えておくと良いでしょう。

モビットでは利用目的を問われる!?

キャッシングをする目的は人それぞれでしょう。しかし、大半の方のキャッシングは生活費に当てられることが多いようです。消費者金融会社はフリーキャッシングで、住宅ローンなどのように、目的を持ったローンとは異なってきます。そのため、キャッシングで借り入れしても、利用方法は本人の自由となります。しかし、フリーキャッシングの場合、例外として事業資金を目的としたキャッシングはできません。その際は事業ローンを利用しましょう。
モビットの簡易審査でも利用目的について記載する欄があります。しかし、正直に生活費と記載してしまうとモビット側は返済してもらえるか不明となり、審査に通過できないこともあるようです。無難に答えるなら、交際費やレジャー費用がいいでしょう。他にも、医療費や冠婚葬祭費を理由にする方もいます。絶対に記載してはいけないのが「ギャンブル」や「パチンコ」などの目的です。ギャンブル目的ではそのまま散財される可能性が高いと判断され、審査に通過することはほとんどないでしょう。実際に利用目的を確認されることはないので、他の用途で記載してギャンブルで利用するという方もいるようです。となると、どこまで詳細な理由を書くべきなのか?という疑問がわきます。しかし、モビット側が審査で見る点としては、どんな目的であっても返済できる内容であるかということです。可能であると判断されれば、融資されます。例えば、旅行や欲しいものを買うなどでも理由となります。さらに、利用目的が一つじゃないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、モビットの申し込み画面では多くのことを記載することはできないので、シンプルな表現で記載しましょう。
申し込み希望金額にも注意が必要です。余裕を持ったほうが良いと考えて最初から大きな金額を申請すると、審査は厳しくなります。ですから、必要最低限の金額の融資を希望することが大切です。そうすれば審査に通りやすく返済もしやすくなるでしょう。しかし、利用目的によっては希望額が高くなる場合もあるでしょう。高額となってもモビットは消費者金融会社ですので、総量規制がかかります。モビットの融資限度額は800万円ですが、800万円借り入れできる人は年収2400万円以上なければなりません。それ以下の希望額でも総量規制は収入の3分の1が借り入れできる限度ですので、自分の収入に見合った希望額を記載するようにしましょう。